全ての人が王様なんですけど

 選挙を通していろんなことが起こりたくさんのことが見えた。いいことも、悪いことも、ものすごく悪いことも見えた。


 私自身としては総じて少しガッカリした。ああ、思っていた以上に…これほどまでとは…これからどうなってしまうんだろう?正直にいえば今は「どうやったら最悪よりはマシにできるのか?」と思うばかり。



 特に憲法改正。


 なになに?

 私の個としての権利がどなた様からか与えていただきその保障の上だけのものになるって?公が優先される場合はごめんねってことにされるって?


 個人と公。難しいとこだと思う。個々に議論し判断することが必要だと思う。とはいえその判断の基となる憲法の個の権利を後退させる必要はない。難しいことだと思う。でもなんとかしろよ、ここは譲れないからな、なんとかするっていうのなら一定の権力を託すぞ譲渡するぞって我々から権力者に突きつけて約束させるのが近代憲法。ここで譲ってしまったら後はもうやられっぱなしよ。


 憲法においては権力者に譲ってはいけません。

あともう一つ、政治と宗教は面白がってはいけないです。



このブログは苫米地式コーチングの認定コーチが書いています。


閲覧数:2回0件のコメント