俳優 want to の力ってやつ?

 ここのところ俳優デビューした方達(TVが一人,舞台が一人)と俳優エリート(デビューが2歳、芸歴13年)とちょこちょこ話す機会があります。みんな口を揃えて「楽しい、もっと演技したい」って言います。


 私としてはすげえなあと思うばかり。以前、自分がオーディションを受けてからは(落ちましたけども)俳優を見る目が変わりました。誰かの演技を見ていると「自分だったらどうだろう」って思うようになりました。セリフ覚えてNGを出さず演出の望む演技をしなければならない、辛そう。考えただけで緊張します。特にテレビの特番でよくやるNG集を見るとNGを出した俳優の気持ちが乗り移ってくるようでドキドキします。


 そんな演技の世界に飛び込んでいく人達、しかももちろん緊張はするものの楽しんでいる。これぞやりたいことをやっていくWant toの力?


 私はそのみなさんのゴールを上げるのが仕事よ。


演技は当分いいです。

いや演技はコーチングに役に立つ。私はやりますね。



このブログは苫米地式コーチングの認定コーチが書いています。


閲覧数:16回0件のコメント