コーチングの自習は危険がいっぱい

 自習するほどスコトーマを強化するから。自分の考えに合っていることだけを見つけて自分の考え通りに都合よく再構築するから。見たくないところは見えないので自分は全て完璧にわかった気になるから。

 そして自分の考えに他の人が共感しない、思ったほど認めてくれない、すごいと言ってくれないと感じて「この人はわかってない」とシャットアウトして防御したり、イライラして攻撃的になるから。どうにかして自分の考えの方を守ろうとし出すから。


 いわゆる「生悟り」状態。



 これは自戒を込めて自分に向けて書いていること。

コーチング道を進む、学ぶ者という意味ではコーチも自習者もクライアントも同じ陥りやすい危険な状況。逆に言えば大きく成長する大事な時。抽象度をあげて考えれば道を極めようとする者たち全員の進む先に点在する落とし穴、そして好機。



このブログは苫米地式コーチングの認定コーチが書いています。


閲覧数:6回0件のコメント