Image by HONG LIN

 「過去」のブロックを積み上げたものが

現在のあなたの「自我」です。

 自我は物の見え方、あなたの考え方、行動、無意識の選択…の全ての元です。

​ その自我は過去のブロック(情報)を積み上げたもの。

 私たちは「過去」の情報から考え行動を選択します。

あなたは「過去」のブロック(情報)で作られた自我の世界の中を生きています​。

Image by Kenny Eliason

あなたはこう思うかもしれません

温故知新って言葉もある。

自分らしくっていうじゃないか。

過去のブロック(情報)を大切にすることはいいことじゃないの?

確かに。

でも、ここで一度

あなたのクローゼットを

思い出してください。

吊り下げられた服

いっぱいのクローゼットがあなたの自我

​服があなたの「過去」のブロックです。

捨てられない、でも着ることはなさそうなたくさんの服

いつかは着るかもしれないと思ってもう何年も経つ服。

だってお気に入りだったし、あの時は高かったし。

そもそももうサイズが合わないから切れない服

ダイエットに成功すればまだまだいけるから

それでも服は増え続ける

クローゼットはいつもたくさんの服がぎゅうぎゅうに詰め込まれていっぱい。

それなのに

こんなにたくさんあるのに、大事な明日のために着る服がない

​どうしよう…

少しづれるかもですが服たちを見ていると我ながら同じような服が多いなあと思うこと、ありません?

周りの人からも「あ、この服って好きでしょ?イメージある」って言われたりしません?

あなたのクローゼットはスッキリしていますか?

過去のものを取っておくのは悪いものではありません。大切な思い出です。それは別物です。

 

 ただ今、明日着ていく服がない、クローゼットに新しい服が入るスペースがないのは問題です。

いつかいつかと言いながら目を瞑ってきた見直しすることなく上からぎゅうぎゅうに詰め込むだけ

 

それほど好きではないけど安定のいつもの服を着続けている毎日

 

ことその過去の情報、古すぎませんか?

うまく現代にアップデートされてますか?

 

さらにさらに、

 その情報にはあなたの勝手な思い込みや自分だけの常識が染みついていませんか?

 

 かなり怪しいですよ。

よく整理されたクローゼット

「過去」のブロックが

今のあなたをブロック(邪魔)

していませんか?